越路吹雪 – 『ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー』

自宅の書庫に仕舞い込んである音源(レコード、CD、カセット等)を棚卸ししながら、思い出に残っている楽曲を振返りたいと思います。
今回は1950~1960年代を中心に活躍していた、越路吹雪の楽曲を取り上げます。

越路吹雪の楽曲について

越路吹雪(こしじ・ふぶき)は宝塚歌劇団に在籍中の1950年に映画デビューし、1951年に宝塚歌劇団を退団した後は、ミュージカル女優兼歌手として活躍しました。

その後、1980年に亡くなるまでの約30年間に多くの楽曲をリリースしていますが、本稿では代表的なシングル曲に絞って記載します。
⇒詳細は、Wikipedia(越路吹雪)を参照して下さい。

越路吹雪のシングル『愛の讃歌』

『愛の讃歌』は越路吹雪の代表曲の1つですが、Wikipediaによると、越路吹雪が初めて『愛の讃歌』を歌唱したのは「1952年9月の日劇のショー『巴里の歌』」で、岩谷時子の「最初の訳詞作品」とのことです。
なお、この曲は長く歌い続けられており、第20回NHK紅白歌合戦(1969年)でも歌唱しています。
⇒詳細は、Wikipedia(愛の讃歌)を参照して下さい。

下表の№1に記載した通り、レコードとしては1954年が最初のリリースです。
当時のSP盤を入手することは困難だと思いますが、国立国会図書館に行くと館内で利用できるみたいです。
⇒詳細は、国立国会図書館(愛の讃歌)を参照して下さい。

(※)『愛の讃歌』のオリジナルはエディット・ピアフ(Édith Piaf)が1950年にリリースした『Hymne à l’amour』、『ジョリー・シャッポ』のオリジナルはE. ハリマ(E. Harima)が1951年にリリースした『Joli Chapeau』、『幸福を売る男』のオリジナルはフランスのボーカル・グループ「シャンソンの友(Les compagnons de la chanson)」が1960年にリリースした『Le Marchand de Bonheur』、『オー・パパ』のオリジナルはサー・ランスロット(Sir Lancelot)が1943年にリリースした『Shame and scandal in the family』です。

曲名
1 1954年3月リリース
A 愛の讃歌
(日本語詞:岩谷時子、作曲:Marguerite Monnot)
B ジョリー・シャッポ
(日本語詞:岩谷時子、作曲Marc Fontenoy)
2 1960年リリース
A 幸福を売る男
(日本語詞:岩谷時子、作曲:Jean-Piere Calvet)
B 愛の讃歌 ←ジャケット上の表記は『愛の賛歌』
(日本語詞:岩谷時子、作曲:Marguerite Monnot)
3 1969年リリース(ベスト・カップル・シリーズ)
A 愛の讃歌
(日本語詞:岩谷時子、作曲:Marguerite Monnot)
B オー・パパ
(日本語詞:岩谷時子、作曲:Sir Lancelot,Lord Melody)

越路吹雪のシングル『ラストダンスは私に』

『ラストダンスは私に』も越路吹雪の代表曲の1つですが、Wikipediaによると「1965年5月時点で80万枚を売り上げるヒット」だそうで、第12回NHK紅白歌合戦(1961年)と第14回NHK紅白歌合戦(1963年)で歌唱しています。
⇒詳細は、Wikipedia(ラストダンスは私に)を参照して下さい。

なお、ネットでレコードのジャケット画像を検索すると、『月影のマジョルカ』がA面になっているバージョンが存在していますので、『ラストダンスは私に』が好評だったため、後からA面とB面を入替えたのだと思います。

(※)『ラストダンスは私に』のオリジナルはアメリカのコーラス・グループ「ドリフターズ(The Drifters)」が1960年にリリースした『Save the last dance for me』、『月影のマジョルカ』のオリジナルはボブ・アザム(Bob Azzam)が1960年11月にリリースした『C’est Écrit Dans Le Ciel』です。

曲名
1 1961年11月リリース
A ラストダンスは私に
(日本語詞:岩谷時子、作曲:Doc Pomus,Mort Shuman)
B 月影のマジョルカ
(日本語詞:岩谷時子、作曲:Alex Alstone,André Gaston Isaac Tabet)

越路吹雪のシングル『サン・トワ・マミー』

1964年6月にリリースされた『サン・トワ・マミー』も越路吹雪の代表曲の1つで、第15回NHK紅白歌合戦(1964年)で歌唱しています。
⇒詳細は、Wikipedia(サン・トワ・マミー)を参照して下さい。

なお、レコードのジャケット画像を見ると、『サン・トワ・マミー』に『(愛しているのに)』というサブタイトルが付いています。

(※)『サン・トワ・マミー』のオリジナルはサルヴァトール・アダモ(Salvatore Adamo)が1962年にリリースした『Sans toi ma mie』、『チャンスが欲しいの』のオリジナルはサー・ランスロット(Sir Lancelot)が1943年にリリースした『Shame and scandal in the family』です。

曲名
1 1964年6月リリース
A サン・トワ・マミー
(日本語詞:岩谷時子、作曲:Salvatore Adamo)
B チャンスが欲しいの
(日本語詞:岩谷時子、作曲:Harold Lane David,Burt Freeman Bacharach)

越路吹雪のシングル『ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー』

『ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー』は1963年リリースですが、1964年から1965年にかけてヒットし、第7回日本レコード大賞(1965年)で歌唱賞を受賞しています。
⇒詳細は、Wikipedia(ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー)を参照して下さい。

この曲は競作になって色々なアーティストがリリースしていますが、越路吹雪バージョンが最も馴染み深い感じがします。

曲名
1 1963年リリース
A ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー
(作詞・作曲:鈴木道明)
B おんなの涙
(作詞:中村メイ子、作曲:鈴木道明)

越路吹雪のアルバムについて

越路吹雪のアルバムはたくさんリリースされていますが、本稿ではベスト・アルバムを2枚ご紹介します。

越路吹雪のベスト・アルバム『ゴールデン☆ベスト 越路吹雪』

数あるベスト・アルバムの中で、最も入手し易いと思われるベスト・アルバムは、2013年11月27日にリリースされた(※)『ゴールデン☆ベスト 越路吹雪』だと思います。

このアルバムにはシングル曲を中心に18曲が収録されています。

(※)期間限定でアンコール・プレスされたスペシャル・プライス盤が、2021年6月9日にリリースされています。

(ジャケット)

(収録曲)

曲名
1 サン・トワ・マミー
2 ろくでなし
3 愛の讃歌
4 ラストダンスは私に
5 バラ色の人生
6 明日は月の上で
7 幸福を売る男
8 雪が降る
9 家へ帰るのが怖い
10 イカルスの星
11 オー・シャンゼリゼ
12 想い出のソレンツァラ
13 枯葉
14 恋ごころ
15 セ・シ・ボン
16 誰もいない海
17 メランコリー
18 夢の中に君がいる


↓このアルバムは、Amazon Music Unlimitedでも配信されています。

越路吹雪のベスト・アルバム『越路吹雪ベスト100』

このアルバムは2012年11月7日にリリースされたCD5枚組のアルバムで、Amazonの商品説明欄には「今年、三十三回忌となる日本シャンソンの女王・越路吹雪! 命日にあたる11月7日に、彼女の代表曲から未発表曲まで網羅した追悼決定版、100曲入りベスト盤をリリース!」と記載されています。

(ジャケット)

(収録曲)
収録曲が100曲あるため、掲載を省略します。
⇒Amazonのサイト『越路吹雪ベスト100』を参照して下さい。


『青春歌年鑑』について

『青春歌年鑑(※)』のCDの中から、越路吹雪の楽曲が収録されている商品をご紹介します。

(※)『青春歌年鑑』は、日本のレコード会社12社が共同企画し、日本のヒット曲や話題曲をレーベルの枠を超えて年代毎に集めたCDアルバムのシリーズです。

『青春歌年鑑 60年代総集編』

『青春歌年鑑 60年代総集編』は2004年11月3日にリリースされた、1960年代のヒット曲や話題曲を集めた2枚組のCDです。

Disc1-№5に『サン・トワ・マミー』が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

Disc1 Disc2
1 上を向いて歩こう
(坂本九)
花の首飾り
(ザ・タイガース)
2 いつでも夢を
(橋幸夫、吉永小百合)
小さなスナック
(パープル・シャドウズ)
3 こんにちは赤ちゃん
(梓みちよ)
長い髪の少女
(ザ・ゴールデン・カップス)
4 見上げてごらん夜の星を
(坂本九)
亜麻色の髪の乙女
(ザ・ヴィレッジシンガーズ)
5 サン・トワ・マミー
(越路吹雪)
エメラルドの伝説
(ザ・テンプターズ)
6 想い出の渚
(ザ・ワイルド・ワンズ)
ゆうべの秘密
(小川知子)
7 星のフラメンコ
(西郷輝彦)
ブルー・ライト・ヨコハマ
(いしだあゆみ)
8 恋のフーガ
(ザ・ピーナッツ)
夕月
(黛ジュン)
9 バラが咲いた
(マイク真木)
悲しくてやりきれない
(ザ・フォーク・クルセダーズ)
10 夕陽が泣いている
(ザ・スパイダーズ)
時には母のない子のように
(カルメン・マキ)
11 若者たち
(ザ・ブロード・サイド・フォー)
遠い世界に
(五つの赤い風船)
12 空に星があるように
(荒木一郎)
白いブランコ
(ビリー・バンバン)
13 小指の想い出
(伊東ゆかり)
夜明けのスキャット
(由紀さおり)
14 恋のハレルヤ
(黛ジュン)
人形の家
(引田三枝子)
15 この広い野原いっぱい
(森山良子)
フランシーヌの場合
(新谷のり子)
16 ブルー・シャトウ
(ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)

(シューベルツ)
17 好きさ好きさ好きさ
(ザ・カーナビーツ)
或る日突然
(トワ・エ・モワ)
18 帰ってきたヨッパライ
(ザ・フォーク・クルセダーズ)
いいじゃないの幸せならば
(佐良直美)
19 恋の季節
(ピンキーとキラーズ)
恋の奴隷
(奥村チヨ)
20 天使の誘惑
(黛ジュン)
グッド・ナイト・ベイビー
(ザ・キングトーンズ)


『青春歌年鑑 1965 BEST30』

『青春歌年鑑 1965 BEST30』は2002年11月27日にリリースされた、1965年のヒット曲や話題曲を集めた2枚組のCDです。

Disc1-№1に『ラストダンスは私に』、Disc1-№15に『ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー』、Disc2-№1に『サン・トワ・マミー』が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

Disc1 Disc2
1 ラストダンスは私に
(越路吹雪)
サン・トワ・マミー
(越路吹雪)
2 ウナセラディ東京
(和田弘とマヒナスターズ)

(美空ひばり)
3 悲しき願い
(尾藤イサオ)
二人の世界
(石原裕次郎)
4 女の意地
(西田佐知子)
私を愛して
(奥村チヨ)
5 愛して愛して愛しちゃったのよ
(和田弘とマヒナスターズ)
涙くんさよなら
(和田弘とマヒナスターズ)
6 ナポリは恋人(Napoli Fortuna Mia)
(弘田三枝子)
アンジェリータ
(ダーク・ダックス)
7 ごめんネ…ジロー
(奥村チヨ)
朝日のあたる家
(ダニー飯田とパラダイス・キング)
8 赤坂の夜は更けて
(西田佐知子)
夢見るシャンソン人形
(弘田三枝子)
9 下町育ち
(笹みどり)
恋する瞳
(伊東ゆかり)
10 さよならはダンスの後に
(倍賞千恵子)
スエーデンの城
(岸洋子)
11 チキン・オブ・ザ・シー
(ジャニーズ)
夏の日の想い出
(日野てる子)
12 まつのき小唄
(二宮ゆき子)
君に涙とほほえみを
(布施明)
13 くやしいじゃないの
(森山加代子)
知りたくないの
(菅原洋一)
14 赤いグラス
(アイ・ジョージと志摩ちなみ)
砂に消えた涙
(弘田三枝子)
15 ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー
(越路吹雪)
アイドルを探せ
(中尾ミエ)


1960年代

Posted by hides