ザ・ワイルドワンズ – 『想い出の渚』

自宅の書庫に仕舞い込んである音源(レコード、CD、カセット等)を棚卸ししながら、思い出に残っている楽曲を振返りたいと思います。
今回は1960年代を中心に活躍していた、ザ・ワイルドワンズの楽曲を取り上げます。

ザ・ワイルドワンズの楽曲について

ザ・ワイルドワンズは1966年11月5日に『想い出の渚(c/w ユア・ベイビー)』でデビューした後、1971年に一旦解散するまでに約20枚のシングルをリリースしていますが、本稿では代表的なシングル曲に絞って記載します。
⇒詳細は、Wikipedia(ザ・ワイルドワンズ)を参照して下さい。

ザ・ワイルドワンズの1st.シングル『想い出の渚』

ザ・ワイルドワンズの1st.シングル『想い出の渚(メイン・ボーカル:鳥塚繁樹)』は、1966年11月5日にリリースされて大ヒットしました。

作詞者は鳥塚繁樹ですが、Wikipediaによると「全員が書いたフレーズを繋いだが、一番多く書いたと言うことで鳥塚の名前がクレジットされた」とのことです。
なお、B面の『ユア・ベイビー』は、加瀬邦彦が「寺内タケシとブルージーンズ」に在籍中に作曲し、1965年にリリースした楽曲をカバーしたものです。
⇒詳細は、Wikipedia(想い出の渚)を参照して下さい。

ジャケット 曲名
1 1966年11月5日リリース
A 想い出の渚
作詞:鳥塚繁樹
作曲:加瀬邦彦
B ユア・ベイビー
作詞:安井かずみ
作曲:加瀬邦彦

ザ・ワイルドワンズの4th.シングル『青空のある限り』

ザ・ワイルドワンズの4th.シングル『青空のある限り(メイン・ボーカル:植田芳暁)』は、1967年9月5日にリリースされてヒットしました。
⇒詳細は、Wikipedia(青空のある限り)を参照して下さい。

ジャケット 曲名
1 1967年9月5日リリース
A 青空のある限り
作詞:安井かずみ
作曲:加瀬邦彦
B あの人
作詞:岩谷時子
作曲:加瀬邦彦

ザ・ワイルドワンズの5th.シングル『愛するアニタ』

ザ・ワイルドワンズの5th.シングル『愛するアニタ(メイン・ボーカル:植田芳暁)』は、1968年1月10日にリリースされてヒットし、オリコン・チャートの最高順位は7位を記録しました。
⇒詳細は、Wikipedia(愛するアニタ)を参照して下さい。

ジャケット 曲名
1 1968年1月10日リリース
A 愛するアニタ(ANITA)
作詞:山上路夫
作曲:加瀬邦彦
B 幸せの道
作詞:なかにし礼
作曲:加瀬邦彦

ザ・ワイルドワンズの6th.シングル『バラの恋人』

ザ・ワイルドワンズの6th.シングル『バラの恋人(メイン・ボーカル:渡辺茂樹)』は、1968年4月10日にリリースされてヒットし、オリコン・チャートの最高順位は6位を記録しました。
⇒詳細は、Wikipedia(バラの恋人)を参照して下さい。

ジャケット 曲名
1 1968年4月10日リリース
A バラの恋人
作詞:安井かずみ
作曲:加瀬邦彦
B マーシー・マイ・ラヴ
作詞:安井かずみ
作曲:加瀬邦彦

ザ・ワイルドワンズのアルバムについて

ザ・ワイルドワンズのアルバムはたくさんリリースされていますが、本稿ではベスト・アルバム1枚とCD-BOXをご紹介します。

ザ・ワイルドワンズのベスト・アルバム『ゴールデン☆ベスト ザ・ワイルド・ワンズ』

数あるベスト・アルバムの中で、最新かつ最も入手し易いと思われるベスト・アルバムは、2021年6月9日にリリースされた(※)『ザ・ワイルドワンズ・ベスト・トラックス』だと思います。

(※)このアルバムは2011年5月11日にリリースされ、2021年6月9日に期間限定でアンコール・プレスされた「スペシャル・プライス盤」がリリースされています。

このアルバムにはシングル曲を中心に20曲が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

曲名
1 想い出の渚
2 ユア・ベイビー
3 小さな倖せ
4 夕陽と共に
5 青空のある限り
6 愛するアニタ
7 バラの恋人
8 花のヤング・タウン
9 青い果実
10 赤い靴のマリア
11 昨日に逢いたい
12 あの頃
13 想い出は心の友
14 若草萌える頃
15 いいのかな
16 オー・ビューティフル・デイ!
17 霧の中の少女
18 想い出の渚(’71)
19 ワン・モア・ラヴ
20 黄昏れが海を染めても


↓このアルバムは、Amazon Music Unlimitedでも配信されています。

ザ・ワイルドワンズのCD-BOX『ザ・ワイルド・ワンズ CD BOX~Anniversary of Record Debut 1966』

『ザ・ワイルド・ワンズ CD BOX~Anniversary of Record Debut 1966』は、2001年7月5日にリリースされたCD11枚組のCD-BOXで、ザ・ワイルド・ワンズのオリジナル・アルバムが網羅されています。

このCD-BOXには、Disc1~Disc3、Disc5~Disc6に12曲、Disc4に17曲、Disc7~Disc8に13曲、Disc9に18曲、Disc10に19曲、Disc11に26曲、合計166曲が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)
収録曲が166曲あるため、掲載を省略します。
⇒Amazonのサイト『ザ・ワイルド・ワンズ CD BOX~Anniversary of Record Debut 1966』を参照して下さい。


『青春歌年鑑』について

『青春歌年鑑(※)』のCDの中から、ザ・ワイルド・ワンズの楽曲が収録されている商品をご紹介します。

(※)『青春歌年鑑』は、日本のレコード会社12社が共同企画し、日本のヒット曲や話題曲をレーベルの枠を超えて年代毎に集めたCDアルバムのシリーズです。

『青春歌年鑑 60年代総集編』

『青春歌年鑑 60年代総集編』は2004年11月3日にリリースされた、1960年代のヒット曲や話題曲を集めた2枚組のCDです。

Disc1-№6に『想い出の渚』が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

Disc1 Disc2
1 上を向いて歩こう
(坂本九)
花の首飾り
(ザ・タイガース)
2 いつでも夢を
(橋幸夫、吉永小百合)
小さなスナック
(パープル・シャドウズ)
3 こんにちは赤ちゃん
(梓みちよ)
長い髪の少女
(ザ・ゴールデン・カップス)
4 見上げてごらん夜の星を
(坂本九)
亜麻色の髪の乙女
(ザ・ヴィレッジシンガーズ)
5 サン・トワ・マミー
(越路吹雪)
エメラルドの伝説
(ザ・テンプターズ)
6 想い出の渚
(ザ・ワイルド・ワンズ)
ゆうべの秘密
(小川知子)
7 星のフラメンコ
(西郷輝彦)
ブルー・ライト・ヨコハマ
(いしだあゆみ)
8 恋のフーガ
(ザ・ピーナッツ)
夕月
(黛ジュン)
9 バラが咲いた
(マイク真木)
悲しくてやりきれない
(ザ・フォーク・クルセダーズ)
10 夕陽が泣いている
(ザ・スパイダーズ)
時には母のない子のように
(カルメン・マキ)
11 若者たち
(ザ・ブロード・サイド・フォー)
遠い世界に
(五つの赤い風船)
12 空に星があるように
(荒木一郎)
白いブランコ
(ビリー・バンバン)
13 小指の想い出
(伊東ゆかり)
夜明けのスキャット
(由紀さおり)
14 恋のハレルヤ
(黛ジュン)
人形の家
(引田三枝子)
15 この広い野原いっぱい
(森山良子)
フランシーヌの場合
(新谷のり子)
16 ブルー・シャトウ
(ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)

(シューベルツ)
17 好きさ好きさ好きさ
(ザ・カーナビーツ)
或る日突然
(トワ・エ・モワ)
18 帰ってきたヨッパライ
(ザ・フォーク・クルセダーズ)
いいじゃないの幸せならば
(佐良直美)
19 恋の季節
(ピンキーとキラーズ)
恋の奴隷
(奥村チヨ)
20 天使の誘惑
(黛ジュン)
グッド・ナイト・ベイビー
(ザ・キングトーンズ)


『青春歌年鑑 1966 BEST30』

『青春歌年鑑 1966 BEST30』は2002年11月27日にリリースされた、1966年のヒット曲や話題曲を集めた2枚組のCDです。

Disc2-№3に『想い出の渚』が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

Disc1 Disc2
1 悲しい酒
(美空ひばり)
君といつまでも
(加山雄三)
2 涙の連絡船
(都はるみ)
お嫁においで
(加山雄三)
3 絶唱
(舟木一夫)
想い出の渚
(ザ・ワイルド・ワンズ)
4 ほんきかしら
(島倉千代子)
星のフラメンコ
(西郷輝彦)
5 兄弟仁義
(北島三郎)
恋のフーガ
(ザ・ピーナッツ)
6 函館の女
(北島三郎)
逢いたくて 逢いたくて
(園まり)
7 いっぽんどっこの唄
(水前寺清子)
霧の摩周湖
(布施明)
8 柳ヶ瀬ブルース
(美川憲一)
雨の中の二人
(橋幸夫)
9 ラブユー東京
(黒沢明とロス・プリモス)
こまっちゃうナ
(山本リンダ)
10 星影のワルツ
(千昌夫)
二人の銀座
(山内賢 & 和泉雅子)
11 唐獅子牡丹
(高倉健)
バラが咲いた
(マイク真木)
12 骨まで愛して
(城卓矢)
いつまでもいつまでも
(ザ・サベージ)
13 恍惚のブルース
(青江三奈)
夕陽が泣いている
(ザ・スパイダース)
14 霧氷
(橋幸夫)
空に星があるように
(荒木一郎)
15 女のためいき
(森進一)
若者たち
(ザ・ブロードサイド・フォー)


1960年代

Posted by hides