しまざき由理 – 『面影』

2024-02-02

自宅の書庫に仕舞い込んである音源(レコード、CD、カセット等)を棚卸ししながら、思い出に残っている楽曲を振返りたいと思います。
今回は1970年代を中心に活躍していた、しまざき由理の楽曲を取り上げます。

しまざき由理の楽曲について

しまざき由理(しまざき・ゆり)は、1969年8月10日にテレビアニメ「紅三四郎」のエンディング・テーマ『夕陽の男』をリリースした後、コロムビアから15枚のシングルをリリースしています(※)が、本稿では代表的なシングル曲に絞って記載します。

(※)Wikipediaには15枚のシングルが記載されており、1st.シングル~7th.シングルが「嶋崎由理」名義、8th.シングル~15th.シングルが「しまざき由理」名義でリリースされています。
⇒詳細は、Wikipedia(しまざき由理)を参照して下さい。

しまざき由理の1st.シングル『夕陽の男』

しまざき由理の1st.シングル『夕陽の男』は1969年8月10日に『紅三四郎』のB面としてリリースされ、A面の『紅三四郎』がテレビアニメ「紅三四郎(1969年4月2日~1969年9月24日放送)」のオープニング・テーマ、B面の『夕陽の男』がエンディング・テーマに採用されました。
⇒詳細は、Wikipedia(紅三四郎)を参照して下さい。

ジャケット 曲名
1 1969年8月10日リリース
A 紅三四郎
作詞:丘灯至夫
作曲:和田香苗
歌:堀江美都子
B 夕陽の男
作詞:丘灯至夫
作曲:和田香苗
歌:嶋崎由里、山尾百合子

しまざき由理の2nd.シングル『ハクション大魔王の歌』

しまざき由理の2nd.シングル『ハクション大魔王の歌』は1969年10月20日にリリースされ、A面の『ハクション大魔王の歌』がテレビアニメ「ハクション大魔王(1969年10月5日~1970年9月27日放送)」のオープニング・テーマ、B面の『アクビ娘』がエンディング・テーマに採用されました。
⇒詳細は、Wikipedia(ハクション大魔王の歌)およびWikipedia(ハクション大魔王)を参照して下さい。

ジャケット 曲名
2 1969年10月20日リリース
A ハクション大魔王の歌
作詞:丘灯至夫
作曲:市川昭介
歌:嶋崎由里
B アクビ娘
作詞:丘灯至夫
作曲:和田香苗
歌:堀江美都子

しまざき由理の8th.シングル『面影』

しまざき由理の8th.シングル『面影』は1975年7月1日リリースで、A面の『面影』がテレビドラマ「Gメン’75(1975年5月24日~1982年4月3日放送)」のエンディング・テーマ、B面の『Gメン75のテーマ』がオープニング・テーマに採用され、オリコンで「最高位:6位、登場週数:43週、売上数:53.2万枚」を記録する大ヒットになりました。
⇒詳細は、Wikipedia(面影)およびWikipedia(Gメン’75)を参照して下さい。

ジャケット 曲名
8 1975年7月1日リリース
A 面影
作詞:佐藤純弥
作曲:菊池俊輔
B Gメン75のテーマ
作曲:菊池俊輔
スキャット:しまざき由理

しまざき由理の9th.シングル『追想』

しまざき由理の9th.シングル『追想』は1976年7月25日リリースで、テレビドラマ「Gメン’75(1975年5月24日~1982年4月3日放送)」のエンディング・テーマに採用され、オリコンで「最高位:31位、登場週数:12週、売上数:5.9万枚」を記録しました。
⇒詳細は、Wikipedia(Gメン’75)を参照して下さい。

ジャケット 曲名
9 1976年7月25日リリース
A 追想
作詞:佐藤純弥
作曲:菊池俊輔
B 愛の終りの日
作詞:佐藤純弥
作曲:菊池俊輔

しまざき由理のアルバムについて

しまざき由理のアルバムは何枚かリリースされていますが、本稿ではベスト・アルバムを2枚ご紹介します。

しまざき由理のベスト・アルバム『しまざき由理 オール・タイム・ベスト~Yuri’s Choice~』

2016年11月2日にリリースされた『しまざき由理 オール・タイム・ベスト~Yuri’s Choice~』には、ほとんどのシングル曲を含む24曲が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

曲名 備考(収録元)
1 夕陽の男
(テレビアニメ『紅三四郎』より)
1st.シングルのB面
2 ハクション大魔王のうた
(テレビアニメ『ハクション大魔王』より)
2nd.シングルのA面
3 青春に涙あり
(「ちびっこポップスシリーズ」より)
4 みなしごハッチ
(テレビアニメ『昆虫物語 みなしごハッチ』より)
3rd.シングルのA面
5 ママをたずねて
(テレビアニメ『昆虫物語 みなしごハッチ』より)
3rd.シングルのB面
6 逆転の応援歌
(テレビアニメ『国松さまのお通りだい』より)
4th.シングルのB面
7 モシモシ1 2 3
(TBSラジオ『全国こども電話相談室』より)
8 あったこともない友だち
(テレビ番組『おーい太陽っ子』より)
5th.シングルのA面
9 微笑にふれてみたかい
(テレビ番組『おーい太陽っ子』より)
5th.シングルのB面
10 大地に顔をくっつけて
(「高校サッカーのうた」より)
11 虹を見たよ
(「高校サッカーのうた」より)
12 戦え少女ルナ
(テレビアニメ『新造人間キャシャーン』より)
13 空飛ぶきかんしゃ
(東映映画『きかんしゃやえもんD51の大冒険』より)
14 やえもん子守唄
(東映映画『きかんしゃやえもんD51の大冒険』より)
15 新みなしごハッチ
(テレビアニメ『昆虫物語 新みなしごハッチ』より)
6th.シングルのA面
16 美しの丘
(テレビアニメ『昆虫物語 新みなしごハッチ』より)
6th.シングルのB面
17 愛と死のパスポート
(テレビドラマ『バーディ大作戦』より)
7th.シングルのA面
18 面影
(テレビドラマ『Gメン’75』より)
8th.シングルのA面
19 我楽苦多ぐらし 10th.シングルのA面
20 明日は独りで 10th.シングルのB面
21 別離のタンゴ 11th.シングルのA面
22 一度だけ勇気を 11th.シングルのB面
23 花のビギン
24 遙かな母への讃歌
(テレビアニメスペシャル『銀河鉄道999』より)
13th.シングルのA面

↓Amazonの商品ページはこちらです。
『しまざき由理 オール・タイム・ベスト~Yuri’s Choice~』

しまざき由理のベスト・アルバム『しまざき由理 Gメン’75を歌う』

1994年10月1日にリリースされ、2014年5月21日に再発売された『しまざき由理 Gメン’75を歌う』は、「しまざき由理が歌う"Gメン・ソング"を集大成したアルバム」で、代表的なシングル曲を含む19曲が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

曲名 備考(収録元)
1 アゲイン~Again~ Mille Vagues D’or 14th.シングルのA面
2 遙かなる旅路
3 レクィエム
4 12th.シングルのA面
5 追想 9th.シングルのA面
6 面影 8th.シングルのA面
7 アゲイン~Again~ Mille Vagues D’or
<インストゥルメンタル>
14th.シングルのB面
8 蜉蝣(かげろう)
9 12th.シングルのB面
10 漂泊(さすらい)
11 愛の終りの日 9th.シングルのB面
12 男と女のメロディー
13 Gメンの誓い<インストゥルメンタル>
14 哀愁の小部屋
15 新宿挽歌
16 小さな愛を
17 青春の傷跡
18 面影<オリジナル・カラオケ>
19 追想<オリジナル・カラオケ>

↓Amazonの商品ページはこちらです。
『しまざき由理 Gメン’75を歌う』

『青春歌年鑑』について

『青春歌年鑑(※)』のCDの中から、しまざき由理の楽曲が収録されている商品をご紹介します。

(※)『青春歌年鑑』は、日本のレコード会社12社が共同企画し、日本のヒット曲や話題曲をレーベルの枠を超えて年代毎に集めたCDアルバムのシリーズです。

『青春歌年鑑 1975 BEST30』

『青春歌年鑑 1975 BEST30』は2000年11月22日にリリースされた、1975年のヒット曲や話題曲を集めた2枚組のCDです。

Disc1-№14に『面影』が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

Disc1 Disc2
1 シクラメンのかほり
(布施明)
恋の暴走
(西城秀樹)
2 昭和枯れすすき
(さくらと一郎)
木枯らしの二人
(伊藤咲子)
3 想い出まくら
(小坂恭子)
学校の先生
(坂上二郎)
4 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ
(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)
年下の男の子
(キャンディーズ)
5 カッコマン・ブギ
(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)
裏切りの街角
(甲斐バンド)
6 心のこり
(細川たかし)
誘われてフラメンコ
(郷ひろみ)
7 我が良き友よ
(かまやつひろし)
雨だれ
(太田裕美)
8 冬の色
(山口百恵)
酒場にて
(江利チエミ)
9 スモーキン’ブギ
(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)
夢よもういちど
(真木ひでと)
10 「いちご白書」をもう一度
(バンバン)
今はもうだれも
(アリス)
11 私鉄沿線
(野口五郎)
みかん色の恋
(ずうとるび)
12 いつか街で会ったなら
(中村雅俊)
純愛
(片平なぎさ)
13 やすらぎ
(黒沢年男)
バンプ天国
(フィンガー5)
14 面影
(しまざき由理)
サボテンの花
(チューリップ)
15 夏ひらく青春
(山口百恵)
乙女のワルツ
(伊藤咲子)

↓Amazonの商品ページはこちらです。
『青春歌年鑑 1975 BEST30』

1970年代

Posted by hides