マイク眞木 – 『バラが咲いた』

自宅の書庫に仕舞い込んである音源(レコード、CD、カセット等)を棚卸ししながら、思い出に残っている楽曲を振返りたいと思います。
今回は1960~1970年代を中心に活躍していた、マイク眞木の楽曲を取り上げます。

マイク眞木の楽曲について

マイク眞木(まいく・まき)は1966年4月5日に『バラが咲いた(c/w 歌おうよ 叫ぼうよ)』でソロ・デビューした後、約30枚のシングルをリリースしていますが、本稿では代表的なシングル曲に絞って記載します。

なお、Wikipediaに「真木と表記される場合もあるが、正確には眞木である」と記載されているため、本稿では「マイク眞木」に表記を統一しています。
⇒詳細は、Wikipedia(マイク眞木)を参照して下さい。

マイク眞木のシングル『バラが咲いた』

マイク眞木のシングル『バラが咲いた』は1966年4月5日にリリースされた後、1966年6月~7月にNHK「みんなのうた」で放送されて大ヒットし、第17回紅白歌合戦(1966年)でも歌唱しています。
⇒詳細は、Wikipedia(バラが咲いた)を参照して下さい。

ジャケット 曲名
1 1966年4月5日リリース
A バラが咲いた
作詞:浜口庫之助
作曲:浜口庫之助
B 歌おうよ 叫ぼうよ
作詞:日高義
作曲:日高義

↓このシングルは、2020年10月14日にLABEL ON DEMANDのCDがリリースされています。

マイク眞木のシングル『気楽に行こう』

マイク眞木のシングル『気楽に行こう』は、1971年4月25日に『たった一度の人生』のB面としてリリースされ、1973年にはザ・モップスがカバーしてモービル石油のCMに使用されています。

Wikipediaによると、1971年10月~1972年3月にマイク眞木と前田美波里がNHK「ステージ101」の司会を務めていた際、オリジナル曲として制作した『のんびり』という曲が『気楽に行こう』の原曲だそうです。

ジャケット 曲名
1 1971年4月25日リリース
A たった一度の人生
日本語詞:安井かずみ
作曲:Remo Germani
歌:マイク眞木・前田美波里
B 気楽に行こう
作詞:マイク眞木
作曲:マイク眞木
歌:マイク眞木

マイク眞木のシングル『ありがとう~こころのバラ~』

マイク眞木のシングル『ありがとう~こころのバラ~』は2006年9月6日にリリースされ、2006年8月~9月にNHK「みんなのうた」で放送されました。

ジャケット 曲名
1 2006年9月6日リリース
1 ありがとう~こころのバラ~
作詞:Kana
作曲:マイク眞木
2 FLYING KIDS
作詞:マイク眞木
作曲:マイク眞木
3 お前なんかに
作詞:マイク眞木
作曲:マイク眞木

↓このシングルは現在でも入手可能です。

マイク眞木のアルバムについて

マイク眞木のアルバムはたくさんリリースされていますが、本稿ではオリジナル・アルバムとベスト・アルバムを1枚ずつご紹介します。

マイク眞木のオリジナル・アルバム『バラが咲いた/マイク眞木のフォーク・アルバム 』

マイク眞木が1966年にリリースした1st.オリジナル・アルバム『バラが咲いた/マイク眞木のフォーク・アルバム 』がCD化されて、1998年9月23日にリリースされています。

元のアルバムに収録されていた楽曲は№1~№12の12曲ですが、CD化された際に№13~№14がボーナス・トラックとして追加されています。

(ジャケット)

(収録曲)

曲名
1 バラが咲いた
2 赤い貝がら
3 こきりこ
4 マキノ・アイランド
5 ツバメ
6 マリアナの海
7 君の町
8 遠い道
9 同じ国に住んで
10 きっと
11 美しい祖国
12 歌おうよ叫ぼうよ
13 バラが咲いた(NHK「みんなのうた」版)
14 バラが咲いた(オリジナル・レコーディング・ヴァージョン)


↓このアルバムは、Amazonプライム特典でも配信されています(但し、№13~№14は配信されていません)。

マイク眞木のベスト・アルバム『マイク眞木・アンソロジー』

マイク眞木のベスト・アルバム『マイク眞木・アンソロジー』は、デビュー40周年記念アルバムとして2006年2月22日にリリースされたアルバムで、シングル曲を中心に22曲が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

曲名
1 バラが咲いた
2 マキノ・アイランド
3 つばめ
4 歌おうよ叫ぼうよ
5 カラスと柿のタネ
6 風に歌おう
7 えんぴつが一本
8 ランブリン・マン
9 夢の牧場
10 時は流れ
11 気楽に行こう
12 フォーリン・ダウン
13 眠りたいのさ
14 空には名前がない
15 言葉
16 とにかく今も愛しているよ
17 倖せの行方
18 人生バラ色ばかりと限らない
19 キャンプだ ホイ!
20 KO MO MAI PARTY
21 5人(みんな)
22 水平線


『青春歌年鑑』について

『青春歌年鑑(※)』のCDの中から、マイク眞木の楽曲が収録されている商品をご紹介します。

(※)『青春歌年鑑』は、日本のレコード会社12社が共同企画し、日本のヒット曲や話題曲をレーベルの枠を超えて年代毎に集めたCDアルバムのシリーズです。

『青春歌年鑑 60年代総集編』

『青春歌年鑑 60年代総集編』は2004年11月3日にリリースされた、1960年代のヒット曲や話題曲を集めた2枚組のCDです。

Disc1-№9に『バラが咲いた』が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

Disc1 Disc2
1 上を向いて歩こう
(坂本九)
花の首飾り
(ザ・タイガース)
2 いつでも夢を
(橋幸夫、吉永小百合)
小さなスナック
(パープル・シャドウズ)
3 こんにちは赤ちゃん
(梓みちよ)
長い髪の少女
(ザ・ゴールデン・カップス)
4 見上げてごらん夜の星を
(坂本九)
亜麻色の髪の乙女
(ザ・ヴィレッジシンガーズ)
5 サン・トワ・マミー
(越路吹雪)
エメラルドの伝説
(ザ・テンプターズ)
6 想い出の渚
(ザ・ワイルド・ワンズ)
ゆうべの秘密
(小川知子)
7 星のフラメンコ
(西郷輝彦)
ブルー・ライト・ヨコハマ
(いしだあゆみ)
8 恋のフーガ
(ザ・ピーナッツ)
夕月
(黛ジュン)
9 バラが咲いた
(マイク真木)
悲しくてやりきれない
(ザ・フォーク・クルセダーズ)
10 夕陽が泣いている
(ザ・スパイダーズ)
時には母のない子のように
(カルメン・マキ)
11 若者たち
(ザ・ブロード・サイド・フォー)
遠い世界に
(五つの赤い風船)
12 空に星があるように
(荒木一郎)
白いブランコ
(ビリー・バンバン)
13 小指の想い出
(伊東ゆかり)
夜明けのスキャット
(由紀さおり)
14 恋のハレルヤ
(黛ジュン)
人形の家
(引田三枝子)
15 この広い野原いっぱい
(森山良子)
フランシーヌの場合
(新谷のり子)
16 ブルー・シャトウ
(ジャッキー吉川とブルー・コメッツ)

(シューベルツ)
17 好きさ好きさ好きさ
(ザ・カーナビーツ)
或る日突然
(トワ・エ・モワ)
18 帰ってきたヨッパライ
(ザ・フォーク・クルセダーズ)
いいじゃないの幸せならば
(佐良直美)
19 恋の季節
(ピンキーとキラーズ)
恋の奴隷
(奥村チヨ)
20 天使の誘惑
(黛ジュン)
グッド・ナイト・ベイビー
(ザ・キングトーンズ)


『青春歌年鑑 1966 BEST30』

『青春歌年鑑 1966 BEST30』は2002年11月27日にリリースされた、1966年のヒット曲や話題曲を集めた2枚組のCDです。

Disc2-№11に『バラが咲いた』が収録されています。

(ジャケット)

(収録曲)

Disc1 Disc2
1 悲しい酒
(美空ひばり)
君といつまでも
(加山雄三)
2 涙の連絡船
(都はるみ)
お嫁においで
(加山雄三)
3 絶唱
(舟木一夫)
想い出の渚
(ザ・ワイルド・ワンズ)
4 ほんきかしら
(島倉千代子)
星のフラメンコ
(西郷輝彦)
5 兄弟仁義
(北島三郎)
恋のフーガ
(ザ・ピーナッツ)
6 函館の女
(北島三郎)
逢いたくて 逢いたくて
(園まり)
7 いっぽんどっこの唄
(水前寺清子)
霧の摩周湖
(布施明)
8 柳ヶ瀬ブルース
(美川憲一)
雨の中の二人
(橋幸夫)
9 ラブユー東京
(黒沢明とロス・プリモス)
こまっちゃうナ
(山本リンダ)
10 星影のワルツ
(千昌夫)
二人の銀座
(山内賢 & 和泉雅子)
11 唐獅子牡丹
(高倉健)
バラが咲いた
(マイク真木)
12 骨まで愛して
(城卓矢)
いつまでもいつまでも
(ザ・サベージ)
13 恍惚のブルース
(青江三奈)
夕陽が泣いている
(ザ・スパイダース)
14 霧氷
(橋幸夫)
空に星があるように
(荒木一郎)
15 女のためいき
(森進一)
若者たち
(ザ・ブロードサイド・フォー)


1960年代

Posted by hides