高木麻早 – 『FOR TOMORROW』

2024-01-08

ユーミン(荒井由実)と同じ頃にデビューしたアーティストの中で、中学生だった筆者が最もよく聴いていたのは高木麻早でした。
本稿では筆者が好きな高木麻早のアルバムを3枚ご紹介します。

(※)無名だったユーミン(荒井由実)の思い出については、荒井由実 – 『雨の街を』を参照して下さい。

高木麻早の1st.アルバム『高木麻早』

高木麻早(たかぎ・まさ)は第5回ポピュラーソングコンテスト(本選会は1973年5月20日)で入賞し、1973年9月10日に1st.シングル『ひとりぼっちの部屋(c/w 振りかえってごらん)』でデビューしました。
独特のメロディー・ラインと歌い方で「一度聴いたら忘れられない」インパクトがあり、筆者はすっかりはまってしまってアルバムがリリースされる度に購入して、相当の頻度で聴きまくっていた記憶があります。

『高木麻早』は1973年10月10日にリリースされた1st.アルバムで、多くの曲を高木麻早が作詞・作曲しています。
どの曲も思い出深くて好きなんですが、個人的には№1『想い出が多すぎて』が一番好きです。
(この『想い出が多すぎて』は1974年1月10日に2nd.シングルとしてリリースされています)

なお、№1は作詞:北山修・杉田二郎、作曲:高木麻早、№2・№4は作詞:岡田冨美子、作曲:高木麻早、№3・№6・№7・№9・№10・№11は作詞・作曲:高木麻早、№5は作詞・作曲:萩原暁、№8・№12は作詞・作曲:田熊早苗です。

(ジャケット)

(収録曲)

曲名
01 想い出が多すぎて
02 好きだと言えないの
03 ひとりぼっちの旅
04 片想いなんてつまらない
05 風が吹いてくれば
06 振りかえってごらん
07 ひとりぼっちの部屋
08 知らない町で
09 違うあなたに
10 シーハイル
11 愛することを知ったから
12 Oh, My Love

↓Amazonの商品ページはこちらです。
『高木麻早』

↓このアルバムは、Amazon Music Unlimitedでも配信されています。
『高木麻早』

高木麻早の3rd.アルバム『TAKE A TEN』

『TAKE A TEN』は1974年9月10日にリリースされた3rd.アルバムで、レコードの帯に「高木麻早・ロサンゼルス・録音」と書かれていました。
髙木麻早が作詞・作曲している曲がほとんど収録されていないせいか、全体的に雰囲気が少し違って「高木麻早っぽくない感じ」がします。

ポップでおしゃれな感じの曲がたくさん収録されているアルバムですが、筆者は特に№9『恋時計』が好きです。
なお、№1は作詞:二木ちひろ、補作詞:柴野未知、作曲:八幡邦彦、№2は作詞:高木麻早、作曲:田熊早苗、№3は作詞・作曲:小川哲史、№4は作詞・作曲:高瀬清志、№5は作詞:吉村マサエ、作曲:林哲司、№6は作詞・作曲:島田千昭、№7は作詞:大島美恵子、作曲:落合和徳、№8は作詞:片桐和子、作曲:辻紀久子、№9は作詞:岡田冨美子・高木麻早、作曲:萩田光雄、№10は作詞・作曲:高木麻早です。

(ジャケット)

(収録曲)

曲名
01 おとずれた春
02 ビートセブン
03 私の街
04 1人で暮らしてみたら
05 ピカピカの自転車
06 風の色は何色
07 別れの時夕暮れを
08 雨あがり
09 恋時計
10 何故に

↓Amazonの商品ページはこちらです。
『TAKE A TEN』

↓このアルバムは、Amazon Music Unlimitedでも配信されています。
『TAKE A TEN』

高木麻早の4th.アルバム『麻早 こころの扉』

『麻早 こころの扉』は1975年7月5日にリリースされた4th.アルバムで、3rd.アルバムとは対照的に全作の作詞または作曲を高木麻早が担当しています。
筆者はこのアルバムが髙木麻早らしくて好きですが、中でも№3『FOR TOMORROW』を聴くと前向きな気持ちになれるので、髙木麻早の全アルバムを通じてこの曲が最も好きです。

なお、№1・№3・№5・№8・№10・№12は作詞・作曲:高木麻早、№2は作詞:岡田冨美子、作曲:高木麻早、№4は作詞:榊原めぐみ、補作詞:高木麻早、作曲:高木麻早、№6は作詞:酒井チエ、作曲:高木麻早、№7は作詞:高木麻早、作曲:小林南、№9は作詞:伊豆丸礼子、作曲:高木麻早、№11は作詞:林えいこ、作曲:高木麻早です。

(ジャケット)

(収録曲)

曲名
01 すりガラス
02 六時の待合せ
03 FOR TOMORROW
04 君のいない部屋
05 二十才
06 恋のグリーティングカード
07 不思議な気分
08 そうして今
09 旅じたく
10 さようならの詩
11 お散歩
12 SONG IS MY LOVE

↓Amazonの商品ページはこちらです。
『麻早 こころの扉』

↓このアルバムは、Amazon Music Unlimitedでも配信されています。
『麻早 こころの扉』

1970年代

Posted by hides